私も街コンで失敗したことはあります。
良い人が見つからなかったとかその後全然繋がらなかったなどです。

おそらく街コンで失敗といえば良い異性が見つからなかった、見つかったけどうまくいかなかったなどが挙げられます。
ではなぜそういったことになってしまうのか体験談などから考えてみたいと思います。

よくある街コンの失敗

◇参加した街コンの失敗
まず大きな枠での失敗とは参加した街コンの失敗です。
街コンも様々な業者が数多く開催しています。
当然特徴も違います。
○○好き向け街コンや高収入限定など条件があるものもあります。
また、参加年齢も違います。
さらには土日の昼開催と平日開催の街コンでは参加する人も違ったりします。
あとは業者によっての参加者のスペックや雰囲気なども違います。

 

まあ初めは行ってみないとわからないというのがあるのですがこういったところで自分には向いていないということもあります。

私も女性の数が少なかったり年齢が上ばっかり、下すぎるなどで良い人が見つからなかったということもありました。

◇準備不足(遅刻など)
初めて街コンに参加するなどならわからないことばかりなので仕方ないことかもしれませんが、できる限りの準備があると良いと思います。
申し込みページなどに流れなど詳細が書かれているのでしっかり見ていることが大事です。
あと開催店舗の場所もしっかり確認しておいて早めに到着しておくことが良いと思います。
街コンに参加している人に聞いてみると結構迷ったという人もいるみたいです。
遅刻するとすでに始まっていて異性と話す良いチャンスを逃すこともあります。

同じ業者の同じ街コンで2回目の参加ならどういった流れなのかもわかっているし準備が出来ているので先読みができるのでとてもやりやすいです。

◇連絡先を交換したが誰が誰だかわからなくなった
これ結構あるんです。
街コンでは話した人と大体連絡先を交換します。
そして、おそらく連絡先を交換するときLINEで交換すると思うんです。
連絡先を交換して後で見てみると多くの人と連絡先を交換しているので誰が誰だかわからなくなってしまうんです。
LINEは本名じゃない人が多いので全くわからなかったりします。
私もよくあります。
ですから連絡先を交換したあと特徴などを書いたりラインをすぐに送るなどすると良いと思います。
最低気に入った人の場合はなにかわかるようにしておいた方が良いと思います。

◇異性と一度も話せなかった
男性でこういった人はあまりいないかもしれませんが女性はいるかもしれませんね。
着席型なら順番に交代で話していくのでそういったことはないのですが立食型(恋活パーティー)だと自由にいろいろな人と話す形になります。
これだと自分から話しかけるか相手が話しかけてこない限り話すことはないです。
女性は女性同士で話していてずっと友達と話して終わるということも考えられます。
勇気をもって話しかけるか話しかけられるように自分磨きをするということが大事ですね。
男性も待っているだけでは女性はなかなか話しかけてくるということはないので勇気をもって話しかけることが大事です。
そういうのが嫌なら着席型が良いと思います。


他にも細かな失敗はありますし出てくると思いますが一度失敗することで次に繋がりますし、大きな失敗さえしなければ良いのではないでしょうか。